「ビッグイシュー日本版」309号

書籍など
04 /20 2017
 「ビッグイシュー日本版」309号にて、「特集ギャンブル障害 ― 人間破壊に至る病」ということで、ギャンブル依存の問題が取り上げられていました。
 HPのリード文には、「日本の「ギャンブル障害(依存症)」者は536万人。その有病率は、韓国や米国と比べて3~6倍にもなる。ギャンブル機器も世界の64%が日本にある。そして、この病は、失業や犯罪、離婚という、家族や社会も巻き込む深刻な被害をもたらす。・・・私たちの身近に存在する「ギャンブル障害」に向き合ってみたい。」ということで、きわめて読み応えのある、そして、分かりやすくまとめられていました。

 おなじみの鳥畑与一氏のほか、医師で作家の帚木蓬生氏、自助グループ運営に携わる田上啓子氏、また、弁護士でギャンブルオンブズマンを主宰しておられる井上善雄氏が登場されています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理者

 昨年末、残念ながら「特定複合観光施設区域の推進に関する法律」(カジノ賭博場の設置を進めるための法律)が成立し、また、各地の地方自治体がカジノ賭博場誘致のために活動を活発化させています。
 私たちは、こうした動きに反対し、「我が国にカジノ賭博場を設置させないことを主たる目的として設立」された民間団体です。
 私たちは、「全国各地に広がるカジノ賭博場設置に反対する人々と広範に連携して、日本中のどこにもカジノ賭博場を設置させないための全国的な取組みを行な」います。

HP http://www.anti-casino.net/index.htm

連絡先
事務局長
兵庫県尼崎市潮江1丁目2番6号
尼崎フロントビル1階
弁護士法人青空 尼崎あおぞら法律事務所内
弁護士 吉田哲也
電話 06-6493-6612