10月13日 台湾・反賭博合法化聯盟との意見交換

イベントの報告・様子
10 /15 2017
 当会から、吉田哲也事務局長と新川眞一事務局次長が参加して、台北市内の公民参与協会事務所において、台湾の反賭博合法化聯盟の許慧盈氏と面談して、台湾と日本のカジノ設置反対運動について、意見交換しました。
 台湾では、主に、環境問題が主軸となってカジノ反対運動が行なわれているのに対して、日本ではギャンブル依存問題が主な課題となっていることをお伝えさせていただきました。台湾におけるギャンブル事情(公営ギャンブルも含めて、ロト以外の賭博が厳しく禁じられていること)について、興味深くお聞かせいただきました。
スポンサーサイト

10月13日 東アジア金融被害者交流会

イベントの報告・様子
10 /14 2017
 台湾の法律扶助基金会、日本のクレサラ対協などが主催して開催された「第8回東アジア金融被害者交流会(2017台日韓貧困と債務国際シンポジウム)」が、台湾大学公共衛生学部で開催されました。
 当会の事務局長でもある吉田哲也弁護士が、「多重債務の背景にあるギャンブル依存」と題して登壇し、多重債務の原因となっているギャンブル依存問題の深刻さを報告しました。

管理者

 昨年末、残念ながら「特定複合観光施設区域の推進に関する法律」(カジノ賭博場の設置を進めるための法律)が成立し、また、各地の地方自治体がカジノ賭博場誘致のために活動を活発化させています。
 私たちは、こうした動きに反対し、「我が国にカジノ賭博場を設置させないことを主たる目的として設立」された民間団体です。
 私たちは、「全国各地に広がるカジノ賭博場設置に反対する人々と広範に連携して、日本中のどこにもカジノ賭博場を設置させないための全国的な取組みを行な」います。

HP http://www.anti-casino.net/index.htm

連絡先
事務局長
兵庫県尼崎市潮江1丁目2番6号
尼崎フロントビル1階
弁護士法人青空 尼崎あおぞら法律事務所内
弁護士 吉田哲也
電話 06-6493-6612