10月13日 台湾・反賭博合法化聯盟との意見交換

イベントの報告・様子
10 /15 2017
 当会から、吉田哲也事務局長と新川眞一事務局次長が参加して、台北市内の公民参与協会事務所において、台湾の反賭博合法化聯盟の許慧盈氏と面談して、台湾と日本のカジノ設置反対運動について、意見交換しました。
 台湾では、主に、環境問題が主軸となってカジノ反対運動が行なわれているのに対して、日本ではギャンブル依存問題が主な課題となっていることをお伝えさせていただきました。台湾におけるギャンブル事情(公営ギャンブルも含めて、ロト以外の賭博が厳しく禁じられていること)について、興味深くお聞かせいただきました。
スポンサーサイト

10月13日 東アジア金融被害者交流会

イベントの報告・様子
10 /14 2017
 台湾の法律扶助基金会、日本のクレサラ対協などが主催して開催された「第8回東アジア金融被害者交流会(2017台日韓貧困と債務国際シンポジウム)」が、台湾大学公共衛生学部で開催されました。
 当会の事務局長でもある吉田哲也弁護士が、「多重債務の背景にあるギャンブル依存」と題して登壇し、多重債務の原因となっているギャンブル依存問題の深刻さを報告しました。

9月13日  「ギャンブル依存ゼロをめざす国 ノルウェーの取り組み」(大阪)

イベントの報告・様子
09 /16 2017
 大阪いちょうの会主催の標記の勉強会が、エルおおさかで開催されました。

 厳格なギャンブル規制を行なっているといわれるノルウェーのギャンブル規制当局のヨニー・エンゲボさんの講演に、7~80人が詰めかけました。

 「世界最高水準のカジノ規制」とは、ノルウェーで行われているようなギャンブル規制を意味すると思います。これにより、ノルウェーでは、ギャンブラーの自助グループであるギャンブラーズアノニマス(GA)も消滅しました。

 そして、「世界最高水準のギャンブル規制」を行なっているノルウェーでも、問題ギャンブラーが一定程度発生しているということ。

 学習会の様子は、NHKでも報道されました。
 

9月3日 第24回「全国市民オンブズマン和歌山大会」カジノ・ギャンブル分科会(和歌山)

イベントの報告・様子
09 /03 2017

 9月3日、第24回「全国市民オンブズマン和歌山大会」のなかで、カジノ・ギャンブル分科会(和歌山県民文化会館)が開催されました。
 冒頭、当会事務局長である吉田哲也弁護士から「「カジノ解禁推進法」の問題点」について報告が行われました。
地元の宅田潤司氏から「和歌山でのカジノ誘致をさせない運動ととりくみについて」簡単な報告がされた後、泉佐野市の竹崎博一氏からは「りんくうタウン駅ビルと場外券売場」と題して、泉佐野市が大阪府から「りんくうタウン駅ビル」を超低額で購入した裏には、場外馬券売り場が入居するという話しが出来レースになっていたことがあったのではないかと話しました。
 大川隆司弁護士からは「横浜市カジノ差止請求と反対運動」について報告がありました。大川弁護士は、今後の闘いの一環として、横浜市に対して、監査請求を提起することを明らかにしました。
 井上善雄弁護士からは「「大阪カジノ万博」恥ずかしくなる貧相さ」について報告がありました。横浜からの提起を受けて、大阪でもいつかはそうした法的手続きを含む運動も必要であると述べました。

追記 全国市民オンブズマン和歌山大会の全体会にて、「IRカジノ設置に反対する決議」を採択していただきました。

IMG_1858.jpg

9月2日 カジノ問題講演とシンポジュウム「カジノ(IR実施法)はなぜ大変なの?」(宮崎)

イベントの報告・様子
09 /02 2017
 9月2日、カジノに反対する宮崎県民の会主催のカジノ問題講演とシンポジュウム「カジノ(IR実施法)はなぜ大変なの?」が、宮崎市中央公民館にて開催され、約70人が参加しました。

 冒頭、当会事務局長の吉田哲也弁護士から、「カジノ解禁推進法の問題点」について講演があり、続いて、宮崎県弁護士会ギャンブル依存症対策特別委員会の塩地弁護士からは宮崎県弁護士会や九弁連の取組み、カジノに反対する宮崎県民の会共同代表の佐藤誠氏からは宮崎におけるカジノ誘致の歴史と問題点、そして、ギャンブル依存経験者のDさんからはギャンブルにはまった経験について、それぞれお話しがありました。

 カジノの問題点のほか、シーガイヤ・カジノがかつての巨大開発の二の舞になる可能性について、認識を共有できたと思います。

 IMG_1857.jpg

管理者

 昨年末、残念ながら「特定複合観光施設区域の推進に関する法律」(カジノ賭博場の設置を進めるための法律)が成立し、また、各地の地方自治体がカジノ賭博場誘致のために活動を活発化させています。
 私たちは、こうした動きに反対し、「我が国にカジノ賭博場を設置させないことを主たる目的として設立」された民間団体です。
 私たちは、「全国各地に広がるカジノ賭博場設置に反対する人々と広範に連携して、日本中のどこにもカジノ賭博場を設置させないための全国的な取組みを行な」います。

HP http://www.anti-casino.net/index.htm

連絡先
事務局長
兵庫県尼崎市潮江1丁目2番6号
尼崎フロントビル1階
弁護士法人青空 尼崎あおぞら法律事務所内
弁護士 吉田哲也
電話 06-6493-6612
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。